Menu
カテゴリから探す
カテゴリから探す
  1. ツクモネットショップ
  2. 特集
  3. 安心・快適なPCライフを。これから始めるパソコンの選び方特集
更新日:2024/02/15


安心・快適なPCライフをこれから始める
パソコンの選び方特集

確かな品質・充実の装備・万全のサポート。
使いやすさと安心感で
PC初心者にもおススメのPCを
担当スタッフが厳選。

選び方のポイント

サイズや重量

一般的に画面が15インチ以上のものは筐体サイズも大きくなる為、据え置き重視で省スペースデスクトップPCのような使い方が向いています。一方14インチ以下のものはボディが小さく軽量な設計となっているものが多く、持ち運びも可能なモバイル向けと捉えられています。

但し近年は全般的に小型化・軽量化が進み、15.6インチクラスのサイズでも本体重量が2Kgを切り持ち運びも可能な軽量モデルも増えてきており用途やお好みにより合わせた選択肢が広がっています。

性能

CPUの種類やメモリ容量などの組合せでPCの処理能力は大きく変わります。

主なCPUの種類
・「Celeron」「Pentium」→ ネット閲覧や簡単な書類作成などの入門機向け。搭載モデルの価格も安い傾向。
・「Core i3 / i5」「Ryzen 3 / 5」→ ビジネス向けの資料作成や画像編集、ビデオ通話などもこなす中間グレード。価格は標準的。
・「Core i7」「Ryzen 7」→ 価格は高くなるもののより高度な画像・映像の処理や編集にも対応できる高性能CPU。

メモリ容量は限定された用途で割り切れば必要最低限で4GB。しかしあまり余裕があるとは言えないので一般的な用途では8GBはあると比較的安心なのでおススメです。動画編集などいわゆる「重い」処理を中心に使うなら16GB以上あると良いでしょう。

装備やサポート

NEC・FUJITSU・dynabook等の国内ブランド製品は一見すると価格が高く感じる傾向にありますが、プリインストールアプリの豊富さや購入後のアフターサービスの充実などがあり初心者の方でも安心して利用しやすくなっています。一方でLenovo・ASUS・MSIなどの海外ブランド製品は機種によってはオフィスソフトが入っていないなど、装備面やサポート体制・マニュアルの記載などが必要最低限となっていますがその分価格が安めであるなどのメリットがあります。

13インチクラスのおススメ

安定した人気を誇る注目のブランド Microsoft Surface